Site Report

home page 再開のお知らせ

いつも新居建築研究所のサイトをご覧下さり有り難うございます。

システムの復旧により、home pageが再開できることとなりました。

ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。

今後ともよろしくお願い致します。

三加茂の家見学会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竣工します三加茂の家を、ご案内します。

場所は徳島県東みよし町です。見学ご希望の方は、

前日までに下記にお問い合わせください。

見学日時

5月27日(日)午後2時~4時

5月29日(火)午後1時~4時

新居建築研究所

TEL:088-642-7257

E-Mail:こちら

 

足場が外れる

三加茂の家は足場が外れ、これから内部の仕上げと外周りの工事が始まります。

雨が降りそうな曇り空でしたが、建築が地域の風景を映えさせ、自然に生かされる感じがしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旭天神の家

高知市にある高台の丘の上に、さくらがいっぱい咲く小さな公園があります。

そのすぐ下で、再生住宅が出来上がります。

天窓を開けると気持ちのいい風がスーと抜けていきました。

住まいのアプローチは、車が入らない斜面の狭い路地ですが、人が行き交い、

家々の佇まいを温かく感じ、景観の変化に富む魅力的な路地空間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高知城からその丘を望みました。

西陽を受け逆光の中でしたが、正面遠方に見つけました。

城に上がると城下町がつくられた時代へと想像が拡がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳島・三加茂の家

吉野川上流域、三加茂の家建築現場で養生シートがはずされた初風景を見ました。

背後の流れる吉野川の竹林と山々、郷土の恵まれた風景を改めて感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場からの帰り、西陽を受ける吉野川沿いに、北岸の河口近くまで下りました。

車窓から思わず写真を撮ってしまいました。右岸の方に徳島市街が見えます。

 

地域の木造架構空間

四国山地の杉を生かす架構空間が、2つの現場で見えてきました。

1.高知市の見晴らしのよい丘の上で、45年前の戦後住宅を再生します。

BEFORE: 着工時の脆弱な既存骨組みと基礎。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PROCESS: 木組みを生かした耐震補強と、自然素材を使い長寿命化を施しながら、

住空間をつくります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.四国山地と吉野川に挟まれた場所につくる住まいです。

PROCESS: 里山の風景の中にリズムと方向性をもつ木造架構空間をつくり、

自然環境と豊かなつながりをもとうとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さんが影絵となった一瞬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土地独特の棟札が祭られました。

 

徳島 ・ 藍住の家 

温かい陽射しを受けて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏は南面する深い軒で、陽射しを遮り、

冬は、暖かい陽光が奥深く部屋に差し込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルな二階広間空間と夕暮れのひと時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西に山並みを望み、北に空が拡がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見学会のご案内

いろいろな柑橘類の果物を楽しむ庭があり、

たくさんの友人を招くことができる大きな広間のある住宅ができました。

建築主、施工者のご協力を得て、見学会を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所は徳島県藍住町です。見学を希望される方は、

下記までご連絡ください。

 

見学日時

1月28日(土)午後2時~5時

1月29日(日)午後2時~5時

新居建築研究所

TEL:088-642-7257

Email:こちら

 

 

裏山を活かす - LEAF HAIR ・ 徳島

かつて建築主の祖父母が住んでいた山裾の地に、地場杉材を使った美容室と住居の併用住宅が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽の動きと風の流れを意識する建築であること。北に小高い山が迫り、西は丘の緑から竹林に、

南に街道が横切り、東は高低差のある集落の景観が拡がる地形と、関係性をつくる建築を目指しました。

そして、山の樹木が魅力的に見えるように配置しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所の特性を活かして、美容室を訪れる人には、日常から少し離れて静謐な時間と緑の木立を楽しめる空間を、

住まい手にとっては、日々変化する緑の中で暮らす豊かさをもたらしてくれる住環境をつくろうとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容室棟と住宅棟が連なることで、南側は道路際の成長する木立と山の緑に沿って、

人を迎え入れる深い軒下をもつ外部空間と、内側には大きな緑で囲まれる中庭空間を生みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経年変化の美  川砂利

竣工して1年たつと、環境は落ち着き始める。石や木材、土など自然素材の魅力は、身体に馴染み、時間がたてばたつほど、素材そのものの味を出し、その場の時間が刻まれてくることだ。特にその地域から産出した素材を生かすと、周りの風景とつながり、広がりのある環境をもたらす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オゥ・ポワヴルは、徳島・吉野川産の砂利をコンクリートに洗い出して、人が木陰の下で集える広場をつくった。吉野川流域の地層から流れてきたいろいろな色と大小混じった砂利は、雨に濡れると、この地域に馴染んだ独特の雰囲気を醸し出す。樹木はこの土地に根付こうと、頑張っているようだった。

夏が来るたびに木漏れ日が拡がり、四季の表情も生き生きさせてくれるだろう。