Archive for 2月 2012

地域の木造架構空間

四国山地の杉を生かす架構空間が、2つの現場で見えてきました。

1.高知市の見晴らしのよい丘の上で、45年前の戦後住宅を再生します。

BEFORE: 着工時の脆弱な既存骨組みと基礎。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PROCESS: 木組みを生かした耐震補強と、自然素材を使い長寿命化を施しながら、

住空間をつくります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.四国山地と吉野川に挟まれた場所につくる住まいです。

PROCESS: 里山の風景の中にリズムと方向性をもつ木造架構空間をつくり、

自然環境と豊かなつながりをもとうとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さんが影絵となった一瞬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土地独特の棟札が祭られました。

 

第十堰日誌

姫野雅義著「第十堰日誌」の出版パーティがあり、参加した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「住民が気づき動かない限り、吉野川は守れない」と考え、問題が一人一人の心に響くように力を注いだ。

「反対運動」を作るのではなく、住民が正確に判断できるように建設省(当時)から情報を引き出し、提供した。

―2月5日の朝日新聞、読書欄より抜粋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉野川第十堰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出版パーティ後、お堰の家の囲炉裏で、河川工学者の大熊孝新潟大名誉教授、今本博健京大名誉教授、

カヌーイストで作家の野田知佑さんを囲んで、あちこちから来た若い人たち、様々な年代層と車座になって、

学び、知ることは、川を楽しく体験することであると川談義に弾んだ。

 

 

徳島 ・ 藍住の家 

温かい陽射しを受けて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏は南面する深い軒で、陽射しを遮り、

冬は、暖かい陽光が奥深く部屋に差し込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルな二階広間空間と夕暮れのひと時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西に山並みを望み、北に空が拡がる。