Archive for 5月 2012

第十堰日誌書評

「森は海の恋人」活動は、漁民による森づくり、森と川と海を一体としてとらえる環境認識、子供たちへの環境教育のシンボル的な運動として位置づけられている。その中心的人物、気仙沼の畠山さんによる「第十堰日誌」書評が、5月27日の読売新聞に掲載された。つながりは感動と大きな励ましを与えてくれる。

 

魚が上りにくく、改善が望まれる第十堰の魚道。魚は物質循環の担い手でもある。

daijubook

 

魚道を遡上する鮎

blogdaiju49

 

 

地場の青石組みで補修された吉野川第十堰の改修イメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

吉野川第十堰近くの「お堰の家」を基地に、若者たちが川と人をつなぐ活動をしている「川塾」から、

夏キャンプの募集案内がでました。元気な子供たちの声が聞こえてきそうです。

お申し込みに関しては、川塾へお問い合わせください。

 

 

三加茂の家見学会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竣工します三加茂の家を、ご案内します。

場所は徳島県東みよし町です。見学ご希望の方は、

前日までに下記にお問い合わせください。

見学日時

5月27日(日)午後2時~4時

5月29日(火)午後1時~4時

新居建築研究所

TEL:088-642-7257

E-Mail:こちら

 

水田に映る金環日食

不思議な色彩の絵画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

萌芽更新と薪ストーブ ― 祖谷の旅3

落合集落では、夕方になると、あちこちで煙突から煙が上がり、風呂を焚いていた。

住まわれているお宅には薪が積まれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この山は、杉やヒノキの人工林だけでなく広葉樹の森が混在している。山が手入れされ広葉樹が群生する森は、山の保全、水のかん養や新鮮な空気をつくるなど、森林の豊かな多面的機能を発揮する。

萌芽が活発な広葉樹を、切り旬時に伐採した翌年は根株からびっしりと芽が萌芽し、生育を始める。この成長を期待して森林の再生を図る方法を、萌芽更新(ぼうがこうしん)という。伐採されると、地表に太陽光が届くようになり、周囲に落下した種子から天然更新も進む。

かつて萌芽更新による森林は薪炭生産が行われ、日本の里山では普遍的に行われていた。化石燃料へとエネルギー革命が進展するまでは、祖谷のある三好や隣の美馬地方は、薪炭の主要生産地であったそうだ。

住まいの原型を探ると、火は明かりをとり、煮炊きをし、暖がとれ、住まいの中心に位置していた。焚き火を見ると心温まるのは、私たちの遺伝子に命の維持とつながりをつくる大切な存在であることが記憶されているからだろう。

萌芽更新による森林は、再生を繰り返す永続的な資源となる。地域の暮らしの豊かな時間とエネルギーの自立性を考えると、森林の再生につながる薪や炭は見直される時代にきている。

 

地元の山でつくった薪を供給する。山と都市がつながる一つの方法(山から下りた貞光町で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理も楽しめる薪ストーブの火

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落合集落 ― 祖谷の旅2

光が織り成す杉林空間。管理されている人工林は日光が入り下草が生える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉林を抜けると、山の急斜面に段々状につくられた落合集落が現れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

等高線に沿って民家と耕作地が配置され、斜面を下る里道と東西に伸びる里道でつながっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石垣が積まれた屋敷地や耕作地の周りには谷水が流れ、手入れされた花壇や畑がつづき、

自然に呼応した美しい景観をつくっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいな水が流れる音があちこちで聞こえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族でジャガイモの作つけをされていた。そこのおじいさんに村の暮らしを聞く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三所神社。鳥居が結界をつくり、杉が天と大地を結ぶ神域をつくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天日干しをするためのハデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

復元修理された長岡家住宅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住まいは渓流の谷と向かいの山に開けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落合峠に至る新緑空間  ー 祖谷の旅1

5月連休に長男が祖谷奥の民家を訪ねたいと、突然夜行バスで帰郷した。大学2年になり建築設計製図が始まったのだが、設計課題に自身の家族のための別荘を計画することがでた。面白いのは、敷地は日本のどこでもよい、ただし土地の環境、気候風土の調査から始めよというものだった。

自然の中で培ってきた暮らしから学びたい、故郷の徳島を知りたいという動機を本人はもったようだ。その姿勢に共感し、こどもの日に平家伝説の里、東祖谷の落合集落を家族で訪ねることになった。

ほとんど人に出会わない、家もない山道を登り不安になったが、しだいと感じなくなり、風景の中に入っていった。落合峠を越え、落合集落に辿り着くまでの長い道のりは、森の新芽の鮮やかな色と美しい光、山から湧き出る水、鳥の春のさえずり・・、感動そのものに変わっていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間伐された杉林から渓流を見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やわらかい芽と春の色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落合峠付近

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集落の墓地か地蔵さんの集まりか?山の頂まで美しい色が彩られ、青空へとつながる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まもなく落合集落に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土地の自然を楽しむ

さわやかな季節になりました。どんな敷地においても自然とつながりをもつ場が考えられます。

周辺環境に配慮した陽の当たる空き空間を住宅地に生みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果樹を育てる庭にすると安心感や楽しさが加わる環境になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏は風を通し、大きな庇で日除けをつくり、冬は暖かい日差しを家全体に取り入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえ小さな敷地であっても、天があります。

屋根によって大空の拡がりを感じさせ、二階に伸びやかな場所が生まれます。

 

植林と森の恵み

今春、TSウッドハウス協同組合の植林ツアーに次男と参加しました。

木頭の山に登り、杉やミツマタの苗を植えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿が異常繁殖し、苗を植えてもすぐに食べられてしまい、林業従事者はとても頭を抱えていました。剣山周辺の笹は食べつくされるなど、山の生態系が変わり、環境を危惧する事態を招いているようです。

苦肉の策として、鹿が食べないという1万円紙幣の原料となるミツマタを、植えました。

 

伐採後、枝葉をつけて3ヶ月間山に寝かし葉枯らし乾燥をしている大木の杉と、間伐をしている森を見学しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倒されたこの杉は巨岩を抱き込んで、根を張っていました。大地に踏ん張る樹木の生命力の強さに圧倒されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木材は那賀川河口近くのストックヤードに運ばれ、更に3ヶ月以上の桟積み乾燥が行われます。

急激に水分を抜く人工乾燥に比べ、天然乾燥した杉は、木のもついい成分や香りを失わせず、長持ちして、本来の色、粘りやつやを残すことができます。リラクゼーション効果やかぜなどに対する免疫力をもたせてくれます。

市場では早くて安価にするために、ほとんどが人工乾燥材になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的に言えば、延べ床面積40坪の一軒の住まいには、木材量は50㎥、70年生の杉なら50~60本必要とします。若い40年生だとその2倍の本数になるそうです。山の面積にすると、70年で1反、10アールに生長材が約60本育ちます。人工林の木材は、地こしらえ、植え付け、下刈り、除伐、間伐と、人の一生より長いプロセスを経てつくられます。

建築は大きな費用がかかりますが、原木だけを見ると大木にかかわらず価格の安さに驚きます。植林し山の維持管理ができるお金にならないのが現状です。

杉の生長が80年かかるなら、家の寿命も少なくとも80年以上存続できる住まいであれば、循環します。二酸化炭素を固定し、酸素を放出していきます。

緑をつくり、活かしていくことは、生態系や山、川、陸、海の保全、地球環境の維持につながり、さらに森林浴となるような良材を使うと、身体にとってもうれしい最大のエコになります。

木を生かし、建築に新しい命を吹き込むことを大切にしたいです。

山のきれいな水が流れているのを楽しみながら帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月の寒い日に今年完成したお宅を訪ねました。

暖房をしていなくても快適で、天然乾燥の杉床板の上を幼子がうれしそうに歩き始めていました。

杉材の柔らかく温かい特徴を生かすと、子供や高齢者にとっても、やさしい床空間になります。

 

 

 

 

足場が外れる

三加茂の家は足場が外れ、これから内部の仕上げと外周りの工事が始まります。

雨が降りそうな曇り空でしたが、建築が地域の風景を映えさせ、自然に生かされる感じがしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品選集

2012年度日本建築学会作品選集に沖洲の家が選ばれました。建築主、設計者、施工者が力をあわせて取り組み、2009年末に出来上がりました。5月12日、高知工科大学で行われる建築学会四国支部総会で、沖洲の家の仕事を説明させていただきます。

 

二世帯の家族をつなぐ駐車場屋上階の楠木広場。4月のこの日は、若葉がいっぱい出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街路から階段を上がり、楠木広場へと上がっていきます。昨年の夏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋上広場で水遊び

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つの世帯が集まると、住棟間の空きが中庭になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉のいい成分を生かす天然乾燥させた木頭杉と土壁漆喰塗りで包まれた広間空間。

ガラリ戸から心地よい風が入ってきます。