Archive for 10月 2012

楽しい住まい - 長いアプローチとランドスケープ

先祖から受け継いだ土地と山の緑を生かすように、美容室と住まいを配置する。

お店はアプローチが長く、しかも入口が見えないと不安になるものだが、緑の環境をさりげなくゆったりと味わえるなら、むしろ私の道になり、歩くのがなんとなく楽しくなる。お客さんは静かで安らかな時を過ごされていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい住まい - オリーブとハーブが育つランドスケープ

秋のウチノ海の家を伺う。団地の区画地であるが、内海の魅力を生かした居住環境をつくるために、境界の石組みを寝かせ、敷地を小さな丘に見立て、そこに心柱が立つ建築と植栽で風景と豊かな関係性をつくろうとした。

住み始めて七年、奥さんが育てた潮風に強いローズマリーとオリーブが、住まいと海が一体となった景色と暮らしをつくっていた。海を汚すまいと水質が飲み水に近くなる程の高性能な石井式合併浄化槽が備えられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい住まい - 小さい中に大きな世界・混在の魅力

経済がグローバル化し、情報化が距離感を喪失させる一方、気候変動等、地球環境問題も徐々に深刻になる。日本は3.11以降さまざまな課題がさらに露になる。右肩上がりの経済成長という過去の呪縛から離れ、少子高齢化、人口縮減化時代の中でいかに成熟社会を築いていくかが求められる。

地域を考えるとき、ないものはないと開き直ると、不思議とあるものが見えてくる。先祖から培ってきた遺産や資産、時の蓄積があり、自然環境に恵まれた場所がある。地域の自然環境、暮らしの知恵や技術、文化を発展的に見直し、家族やコミュニティの継承すべきつながりを生かし、多様な人との交流の場があれば、豊かさを生むのではないか。自然環境と大地に根を下ろした地域資産を生かすことは、グローバル化した時代と地球環境課題において一層意義を増すだろう。

 

さて、従来の庭からは程遠いジャングルのような我が家の緑環境を楽しもうと、草抜きを一部しながら、竹ほうきで落ち葉の掃除を始めた。野菜、ハーブ、果樹、雑草、その他庭の植物が混ざる中、朝の光が小さな生き物のドラマを映し出す。混在する植物の中に生態のバランスを見出し、緑に様々な陰影をつくる光の中で、美しい花や豪華な香りに出会うのが楽しい。朝のみずみずしい新鮮さは格別である。

 

立ち代り花が咲き、魅惑的な芳香が漂う

花縮砂/ジンジャーリリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄金色のかぼちゃの花と虫たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とんぼが一服

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バジルとコリアンダーの花、苦瓜の蔓が交じる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニラの花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柿の木の下に豪華な花        ウコン/クィーンリリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハウスの骨組みにぶどうと苦瓜が覆い、ヴォールトと光のスクリーンをつくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶどうの蔓とサルスベリの花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほととぎすの花が咲き始める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いちぢくの根元に彼岸花が三輪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の盛り、彼岸花が終えた数日後の空