Archive for 2月 2017

農を楽しむ住まい Ⅱ / Living with the Earth – Ⅱ

nii-naitoh8

 

大きな屋根で覆われた空間の中は、バナナの木やスポーツ自転車、天井まで届く本棚にいっぱいの本、借りた畑で栽培し採れた雑穀のいろいろな干物、パソコンと向き合う仕事場があり、アフリカの絵画やタペストリー、ハンモックが下がっている。そこは学生が集まりジビエ料理を楽しんだり、ゼミをする場にもなっている。

Dry in the monsoon, the cool concrete floor in summer has turned warm enough in winter for our client to sleep straight on it till early morning. The large tent like roof has a thriving banana tree, jazzy bicycle, tall book-shelves, computers, African tapestry and hammocks. Harvested corn & sesame drying in the entrance veranda, ushers in students for seminars. Though far away geographically, we surely could enjoy a feel of Africa.

 

naitoh2

 

naitoh3

 

naitoh14

 

naitoh7

 

naitoh11 雑穀栽培

 

naitoh8 雑穀を干す

 

naitoh6

 

 

遊牧民の家 / House for a Nomad

JIA(日本建築家協会)四国建築賞を受賞する。

この賞は、日本建築家協会の理念に基づき、四国のそれぞれの地域の風土性、社会性、歴史性、文化的文脈が受け継がれ、建築作品や活動に昇華されたものを顕彰すると謳われている。

nii-naitoh2

 

アフリカの民族研究をされている建築主が、近代的なプライバシー感覚とは異なる、住まいの多様な機能を包むホリスティックな家に住みたいと計画が始まる。肥沃な吉野川沿いの農業地と大きいな楠がある神社のある風景の中で、その土地の環境や暮らしとつながり、学生が集い、豊かな食生活や仕事を楽しまれている。

Our client specializing in African studies, wanted to do away with the modern concepts of privacy, individualism and space efficiency and live a life close to the land. In a very fertile area, next to an old Shinto shrine lined with huge Camphor tees, well-considered passive design & an insulated concrete floor supports a very active lifestyle in a very wholesome space.

nii-naitoh1

 

nii-naitoh10

 

nii-naitoh4

 

太陽や風、風景と言った自然の恵みを生かしたパッシブデザインと蓄熱化する黒い土間コンクリートが一年を通じて快適空間をつくっている。地場の杉材を現してしっかり組む空間をつくり、調湿効果のあるいい空気環境ができる。冬は、陽が深く入り、まきストーブの暖かさが蓄熱されるので朝まで続き安らげている。梅雨時期はべとつかなく、炎天下の夏は、2階の小さなエアコン1台で土間床がひんやりして、家に入ると涼しく感じる。住空間が独自で活動的なライフスタイルを支えている。

nii-naitoh16

 

 

nii-naitoh14

 

nii-naitoh13

 

 

再生住宅・コックピットのある家 / House with Cockpit

国内森林資源を活かしカーボンホフセットに取り組んでいる外壁材メーカーのコンペでリフォーム賞をいただく。「形を活かしながら、大きく変えたスケルトン&インフィルの家。親が建てた家、家族に対する思いや気配が残されている。住み継ぐという言葉がふさわしい家である」という審査評。

詳細写真は本ブログ2016年8月13日参照 / Refer 13thAug.2016 Blog

This house received an award in the Reform Category from its wall cladding manufacturing company, which uses Japanese wood as a form of Carbon offsetting.

Jury comment: “The form retained but the space greatly transformed, the spirit of care for family has yet been carried into the next generation in a new context.”

sakata7

 

時間の継承をしながら、内部空間は木造の骨組みを生かし、耐震、断熱、大胆な空間改修を行う。調湿性のある自然素材を塗った壁と天井と、香りが残る自然乾燥した杉厚板の床で空間を包む。広がる田園環境と関係をつくる空間が、食、読書、ピアノ、休息、団らん、六人家族の多彩な暮らしの場を包んでいる。かつての暗くて寒い部屋から心地よい空間になり、人がいつも集まっている。

Continuity in time achieved by retaining the original form, the structural framework is reinforced and enhanced, and a well-insulated large family space has been created. Everyday cooking, dining, conversation and playing the piano is thus linked to the open view in the east through large openings and a deck, hoping for better communication, understanding and encouragement through a closely knit family life.

 

sakata6

 

 

2016年受賞作 / Award winning projects in 2016

2016年は「コックピットのある家」、「遊牧民の家」、「丈六の家 — House with Gaia Layers」の三つの住宅が建築賞を受賞する。建築主をはじめ工事に携われた関係者の方々、ありがとうございました。それぞれの内容をご紹介します。

We happened to receive 3 awards in 2016 for the following projects.

“House with cockpit”, “House for a nomad” and “House with Gaia layers”