読書を楽しむ住まい / Living with books

雨の少ない温暖な讃岐平野の住まい。水が湧き出る中庭を中心に、本棚のある空間を巡らして、様々な暮らしの場をつくる。静謐な時間が流れ、好きな書籍に囲まれた中で、読書を楽しむ住環境である。

In this comparatively dry temperate region of north Shikoku, a central courtyard with fountains is surrounded by various kinds of spaces for life, and shelves of books. This house offers a congenial environment to enjoy reading, as time passes quietly by.

 

 

 

木材は全て天然乾燥杉にする。調湿性だけではなく香りやツヤがとても良く、身体の免疫力も高める。自然素材の白い塗り壁も呼吸し、調湿機能が働く。 外壁は焼き杉板を使う。

間接的に入る時とともに変化する自然光によって、大工の手刻みで組んだ柱と梁の杉架構が映し出され、癒しの空間になる。

The naturally dried Japanese cedar, with warm color and luster, like the white plastered walls, not only absorbs or gives out moisture depending on the wet or dry climate, it also improves the natural resistance of the body.

 

 

 

 

床を高くし中庭に空気が流れるようにして、湿気がたまらないようにする。夏は床下に流れる冷気を専用通気口から室内に入れることができる。夏は心地よい風を通わせ、冬は適度な気密と高断熱化していることで暖かさを包む。

The high floor circulates air in and out of the court, bringing in cool air through floor ventilators, opened in summer. In winter, the well-insulated spaces are comfortably warm.

 

 

 

 

自然素材を活かすことで、暮らしの時間が刻まれ、経年変化の美が空間に醸し出される。

With the passing of time, different kinds of natural light flow into the traditionally joined hand built structure. The natural materials age tastefully, creating a place to come back to for rejuvenation of the body, mind and spirit.

太陽光パネルを屋根の風景を乱さないよう配慮して設置し、創エネ住宅にしている。

 

Comments are closed.