二代にわたる交流

長男が建築研究調査で寄ったインド・アーメダバード(アフマダーバード)から、師のドーシ先生と、インド学生時代の友人、アイルランド出身のアーサーと撮った写真を送ってきた。

息子は子供の頃からドーシ先生にお会いしていて、今回も研究の助言をいただいたようだ。90歳近くになられているが、お元気で今なお現役である。

2016with-mr-doshi

 

今、35年前キャンパスで知り合った友人たちの子供達同士の付き合いが始まっている。

当時アイルランドから留学していた友人は、このキャンパスに戻り教師になっていて、様々な場所で活躍されている当時の友人たちを今回息子に紹介してくれた。アーメダバードは私たちにとって二代にわたる故郷になっている。

16-09with-arthur

 

1979年から7年間インドに留学し、アーメダバードで建築家B.V. DOSHI先生と画家P.C.SAGARA先生のもとで学び、CEPT(環境工科大学)のキャンパスやSangath(ドーシ研究所)では多くの友人をもつことができ、お世話になった。そこでパートナーに出会った。

ドーシ先生は二人の20世紀巨匠のもとで仕事をし、アーメダバードを拠点にインド現代建築と建築教育の礎をつくった方である。ル・コルビュジェのもとで修業し、ルイス・カーンをインドに招き、インド経営大学のインド側建築家として仕事をした。20世紀の大巨匠と密な仕事した稀有な経験者は、この地球上でドーシ先生しか残っていないかもしれない。

mr-doshi2007

 

 

Sangath(B.V.ドーシ氏の建築設計事務所と研究所) 1979~81年 B.V.ドーシ

インド経営大学バンガロール 1977~85年 B.V.ドーシ

Husain-Doshi Gufa(美術館) 1992~95年 B.V.ドーシ

サグラ氏は、ニューデリーの国立現代美術館で特別コーナーを持っている画家であった。他界されたが、家族の一員のように扱っていただき、芸術と自然について学び、充実した時を支えていただいた恩師である。

with-mr-sagara-2004

 

CEPT大学は現在建築系中心の大きな大学になっているが、創建当時から海外を含めて優れた人材が集まっていたと聞く。私にはダイナミックな二人の師の姿勢が、個人の学ぶ主体性や創造の自由を尊重する場の雰囲気を作っていたように感じていた。二人の師は、年齢的には日本では戦争を知る世代にあたるが、インドではガンディーによる独立運動を知る世代で、その崇高な精神が教育の深層のところにあった。

 

アーメダバードは15世紀にはとても栄えたインド・イスラーム都市になっていて、近代では、繊維産業で栄え、ガンディーの活動の拠点の都市でもあった。

gandhiashram

Gandhi Ashram 1917年〜 一部チャールズ・コレア

ポルと呼ばれる街路で構成される高密度の魅力的な旧市街が息づき、周辺には階段井戸や太陽寺院など世界遺産級の建築遺産が残る。そしてル・コルビュジェの4作品、ルイス・カーン設計のインド経営大学がある。インドを訪れる世界中の建築家や学生は、必ずこの都市で滞在する。

step-well1

step-well2

ADALAJ 階段井戸 1502年

 

sarabhai-h

sarabhai-house-inte

サラバイ邸 1955年 ル・コルビュジェ

millownnersinteria

millownnersinteria2

綿織物工場経営者協会 1954年  ル・コルビュジェ

 

iima1

iima2

iima3

iima4

インド経営大学アーメダバード 1962~74年 ルイス・カーン

 

炎天下の上棟

秋の気配が感じてきた炎天下で、住まいの棟を上げる。

大工さん、かんとくさん、お疲れ様でした。

 

自然乾燥地場杉の柱と梁をしっかりと組み上げる。色、つや、香りがいい。

光と陰のリズムが、空間をつくる。

 

 

 

 

 

 

ARCASIA(アルカシア)賞受賞を考える

アジア19カ国から建築家が参加するARCASIA(アジア建築家評議会)の2016年9月の香港大会で、 House with Gaia layers(丈六の家)が、住宅部門でARCASIA賞を受賞する知らせを受けた。香港大会のテーマは、多様性と成長—The Green Age of Asiaである。

受賞作は、14年前に当時築25年の和風住宅をリフォームした再生住宅である。バブル崩壊後、建築を建てては壊すスクラップ・アンド・ビルドへの疑問、ゴミで一番大きな割合を占める建築廃材問題や、シックハウス病が社会課題に出た頃であった。

 

 

この住宅は完成後から、建築主の日々の感動や喜びに支えられ、緑が息づき、時とともに住空間の魅力が増していると感じていた。10年を過ぎて、賞に応募させていただく。

2012年、環境技術が目覚ましく進展する中で、JIA(日本建築家協会)から環境建築賞を受賞する。2014年には中国民族建築学会からは奨励賞を受ける。そして今回、地球環境時代に様々な建築的挑戦が始まっているアジアで、ARCASIA賞受賞の知らせを受ける。時間や国を超えて評価していただいた悦びとともに、この建築を支えていただいた関係者に感謝したい。

同時に、9月29日の受賞日まで詳細はわからないが、14年経てなお審査員を惹きつけることは何かを考えたい。これからの時代が求める住空間のあり方を考える機会である。

 

 

写真は15年目の5月のある日に訪ねたスナップ写真で、夕日が差し込んだ広間空間の一時である。四季や天気、朝から夕刻まで光の角度や強さ、色が変化する太陽の動きと、四季折々の様々な緑の表情を通して、この室内に光の空間が生み出される。身体は自然の刻々と変化する時間を感じる。午後室内が金色の光と影に染まる時も経験する。

建築主は、雨の日、台風の時も雪の日も、朝も夕方も、室内と外部の庭の樹木、空や田園空間と一体となった景色はとても魅力的であると言われ、家族や人と過ごす時間も豊かになり、床磨きがきっかけで今や毎年世界のフルマラソンに参加するようになり、活動的なライフスタイルをもたれている。

夏はほとんどエアコンを使わず、窓をあちこち開けると心地良い風がめぐり、冬は朝、晩はストーブをつけるが、日中はほとんど暖房しなくて済んでいる。

 

 

かつての伝統的空間は、縁側や深い庇や軒と言った内部と外部の間に、緩衝空間とか中間領域といったゾーンがあった。暑さや寒さ、風雨を和らげたり、外の自然と内部との間をつなぎ、そこが心地良い場所になったり、人と人あるいは人と自然をつなぐ場所になった。

具体的な空間的仕掛けは別として、どの文明圏においても、こうした気候・風土の中から育んだ知恵や生活文化を生む空間があった。

現代は安易な経済性や効率性に陥りがちで、そうした自然の恵みを生かさずに、エアコンや機械電気機器や設備類に頼り、壁と窓だけの外か内という単純な境界だけになってしまっている。

 

 

Gaia layersというタイトルの丈六の家は、心身の再生を意味する寝室を核に旧住宅を入れ子状にして、外側に伝統的木組みで包むようにする。紫外線を抑制し、断熱するLow-E複層ガラスの開口部と嵌め殺し窓で表皮を作り、さらに自然の中で生かされていると感じる等身大の緑の植栽で囲む。

寝室から居間、外部の庭や様々な木々、さらに地域の田畑、山々の風景までつながる、何層かの空間的仕掛けで包むコンセプトを、Gaia layersと名付けた。

 

 

室内空間から自然と対話ができる感性を育むことを意図する。生活排水を浄化した水が地面を潤し、空や木立を映し込む。蝶や鳥もやってくる。緑は愛着もって維持され、樹木群から刻々と変化する自然の美と心地良い微気候を生み、室内に快適空間をつくっている。

室内の自然乾燥の地場杉材は、癒しをもたらす木の成分が発散され、色、つや等、経年変化の美をつくる。再生して14年、改築時より一層住空間の魅力が増している。

 

 

小さな住宅でも地域の自然と循環を意識した生命の生存圏の中の住環境として捉える考え方を大切にする。単なる視覚的な美しさや快適さからではない、人間と自然の豊かな関係性をつくる建築のあり方、姿勢が評価されたと推測する。

建築は時間を経て古くなるというより、新築時より時間と自然の変化ともに空間がより魅力的になるという住空間の成長が注目されたのではないだろうか。

 

ガーデニングを楽しむ

久しぶりに築10年になるウチの海の家を訪ねた。奥様がハーブや野菜など、いつも気軽に園芸を楽しまれている。

ご主人と釣り、手芸、そして農、・・この土地と空間を生かす素敵なライフスタイルである。変化の富む海際の美しい自然の時間と風景を楽しませていただいた。

オール電化の住宅だが、夏も冬もほとんどエアコンを使わず、1年を通じて光熱費はとても少ないと伺う。

那賀川木頭杉自然乾燥材を使った木造と鉄骨の混構造である。自然素材の恵みに包まれた空間で、季節と時間に応じた自然を楽しむ暮らしをされている。

 

iima blog1

 

 

iima blog2

 

 

iima blog3

 

 

iimadekki

 

 

iimastreet3

 

イチジクとぶどう

庭の高いところにイチジクとぶどうがなっているのに気づき、収穫する。

仏壇にお祀りし、家族で美味しくいただいた。

figsgrapes-blog

 

時々豊かさとは何かを実感させられる時がある。

我が家の野生のような庭で、季節に応じて果実が実る時、木々の間の思いがけないところに咲く美しい花、高級な香水のような香りがする花、美しい木々の間を舞っている時、庭の木漏れ日の中を歩く時、あるいは庭で育てた野菜やハーブの収穫の時、日常の中でふと出くわす感動のひと時である。

 

 

戦後の貧しい時代に、亡き父は、風流な庭木から、甘柿、渋柿、びわ、夏みかん、はっさく、ネーブル、キンカン、スダチ、ぶどう、イチジク、梨、桃、サクランボ、ユスラウメ、梅、お茶と、様々な果樹に変えていった。木々の下には、ふき、生姜やミョウガ、三つ葉、ミント、ウコンなどが生えている。梨や桃の木はなくなったが、今は果樹を中心とした雑木林のような庭になっている。落ち葉は肥料となる。化学肥料も消毒も全く無しである。この恵みに出くわす時、ふと父の存在を思い出す。樹木、植物の手入れが十分できていないが、時間が小さな生態系をつくってくれていると都合の良い解釈をしている。これから、さらに生態を理解して、もっと楽しく庭の風景と関わるといい庭になるだろう。

住まいの環境の中にこうした身近な自然と共に暮らす環境空間があることは、とても楽しい。住まいの枠を超えること。土と距離をとり、多忙な日々を過ごす現代の暮らしだからこそ、住まいと一体となった緑の感動を生む空間があることは、至福の時をつくる。高齢化と人口縮減化時代のこれからの空洞化する都市空間においても考えられることである。

 

街を見渡す再生小住宅

車で上がれない小さな三角地でも、ここに戻りたいという建築主の想いがこもった老朽化した木造住宅の再生である。敷地は市街地の小高い山に、1960年頃建設された住宅地にある。眺望がよく、近隣との気さくなおつきあいが残り、津波から安心な場所で、市街地を見渡せる桜の木で囲まれた公園がすぐ上にある。

 

1-1

inoue2

 

路地と家並みが見える東と南面に、屋根のあるパーゴラをかけた縁側をまわす。収納を工夫しながら、延べ床面積20坪に満たない狭小さを感じさせないように、DK広間と2つの個室を配置する。大きな屋根が覆っているような拡がり感をもたせ、どの部屋からも空と緑につながり心地よい風が抜けるゆったりした空間を生むことに努めた。

 

inoue3-3

 

 

inoue4-4

 

 

inoue5-5

 

階段が混じる路地を曲がりくねりながら登る空間体験と、人が住む暖かい表情の家並み緑の移り変わりに魅せられる。降りるときは街が見渡せる。車が使えない不便さを超えたご褒美だと思えてきた。

 

inoue6-1

 

 

inoue7-7

 

再生住宅・コックピットのある家

住環境が悪くストレスの多い都会生活から離れ、病気療養と子供達をのびのびと育てられる環境で暮らそうと、奥さんの実家に帰られ、亡きご両親の住まいを再生する。自然素材を活かし、ピアノや読書等、家族の様々な暮らしの行為を包む開放的な一室空間を望まれた。伝統的な住まいの良さや時間を継承し、緑と調和した風景の家で、田園環境に魅かれた新生活が始まっている。

 

sakata1

sakata2

sakata3

 

築50年の既存木造家屋の架構を現して内部空間を組み立てる。自然の恵みを活かして快適な住環境にするための断熱化耐震補強をする。床は癒し効果の高い自然乾燥の杉板厚材、壁・天井は調湿性の高い自然塗料で包む。外壁は通気性をもたせた下地に、国産材の端材を活かした外壁材を貼る。旧便所を変身させて、建築主の職業に因んだコックピットと名付けた場所にする。ウッドデッキを敷き、田園に開いた広場空間をつくる。

 

sakata4

 

 

sakata5

 

 

sakata6

 

 

細長い敷地の東側に広がる田畑に面して、キッチン、広間空間、デッキ、コックピットと庭を配置し、田園風景とのつながりをつくる。子供たちはコックピットに立つと、広がる緑の風景から大空に飛び立つような想像がわき、留守をする父親の存在を感じさせる。

 

sakata7

 

 

sakata8

 

 

再生住宅・五世代へとつなぐ住まい

雨漏りと寒くて暮らせない老朽化した家屋を、自然素材による空間改修を行い、耐震補強断熱化をして、新・が織りなす豊かな時間を育む住空間の再生を行う。

曾祖父母が座敷で歌会を楽しみ、祖父が手を加えた入母屋住宅で暮らしてきた家族の記憶を、子供たちに伝えたいという家族の想いから、再生計画が始まった。

 

miyamoto1-1

miyamoto2-2

 

南に家族の営みを語る座敷と住まいの中心となるキッチンを、北に裏庭とつながる落ち着いた広間空間をつくる。四季の移り変わりを豪壮な梁組みの空間に映し込む。冬は縮こまらず暖房負担を小さく、夏はエアコンに頼らず涼しく過ごせるようにする。時間の豊かさを感じさせるのびのびした住まい空間を楽しまれている。

 

miyamoto3-1

 

 

miyamoto3

 

 

miyamoto4

 

 

miyamoto5

 

 

miyamoto6

 

 

home page 再開のお知らせ

いつも新居建築研究所のサイトをご覧下さり有り難うございます。

システムの復旧により、home pageが再開できることとなりました。

ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。

今後ともよろしくお願い致します。

新緑の季節

いくつかの仕事が重なる中で、父が他界した。一息つけた時には、ほうれん草、大根、チンゲン菜など昨年種を蒔いた野菜は、収穫期が過ぎて、花が一面咲き、蝶やミツバチが飛びまわっていた。野菜のイメージは異なるのだが、花はほとんど同じに見え、アブラナ科の植物であることを知った。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑の息吹に包まれ、春の花はいたるところで咲き続いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みかんの花から香りが漂い、地面は、ふき、三つ葉、ミント、コリアンダー、ニラの緑が覆い、食卓に元気をくれる。異常気象が常態化し寒い日もあったが、ツバメが戻り、田植えのシーズンを迎えるようになった。